鳩ノ森ガレーヂ

スタジオタック バイク・クルマ編集部が贈るモーターライフブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トライアンフ新車発表会

本日10月13日、千葉県は舞浜、東京ディズニーリゾートの公式ホテルとしても有名な、シェラトン・グランデ・トーキョーベイ・ホテルにて開催された、トライアンフのニューモデル国内発表会に参加してきました!
道すがらすっかりハロウィン仕様の家族連れを見ながらの、いつもとはだいぶ違う発表会でした。

今回発表されたのは2台で、まずはT100ボンネビルの新型モデル
ボンネビルT100

そしてストリートカップです。
STREET CUP

いずれもエンジンはストリートツインで新採用された899cc水冷SOHC8バルブ、並列2気筒エンジンを搭載。
以前の空冷モデルに比べ、低中速のトルクが大幅にアップしています。

さらに電子制御スロットル、トラクションコントロール、ABS等の最新装備が標準で搭載されてるなど、見た目のクラシックさに反して中身は2016年モデルに相応しいものになっています。

T100ボンネビルは、その伝統の名の通り、クラシカルで上品なスタイルが特徴で、フュージョンホワイト&えーじゃんブルー(白&青)、ニューイングランドホワイト&インデンスオレンジ(白&赤)の2トーンカラーの他、ジェットブラックの3カラーを設定。さらにリムやマフラー、エンジンカバーもブラックとしたT100ブラックも設定(マットブラック仕様もあり)されています。

ストリートカップはストリートレーサーを意識したモデルで、キャストホイール、専用マフラー、取り外し可能なシングルシートカバー、ビキニカウルを搭載。カラーはレーシングイエロー&シルバー、ジェットブラック&シルバーアイスが設定されています。

これで価格は、ボンネビルで税込み1,150,00円から、ストリートカップで同じく税込み1,189,380円。ボンネビルは全モデルから10%以上プライスダウンされるなど、両車とも戦略的な価格設定となっています。

先行しているストリートツインも人気で納車待ちになったそうで、この2台も人気が出そう。ボンネビルT100は今月末、ストリートカップは11月末から店頭に並ぶとのことなので、気になったら急いだほうがいいかも?
スポンサーサイト

YZR-R25 とR100GSの新刊登場

編集部さくまです。

今月は珍しく?バイク関連書籍が複数新発売となります!

1冊めが、「ヤマハYZF-R25ファイル」
YZF-R25ファイル

私はお手伝い程度の関わりなのですが、そもそもこのR25、いいんですよ。箱根までの道のりを乗ったのですが、4ストローク・パラレルツイン250ccというのが信じられないほど速い!
しかも高回転で伸びるエンジンキャラクターなので、高速道路が退屈じゃないレベルではなく、楽しくなるほど。ビッグバイクファンにも乗ってもらいたい、そんなR25の情報満載です。

詳しい情報はこちら
ヤマハYZF-R25ファイル

続いてもう1冊はグッとマニアックに、空冷OHVボクサーツイン搭載のR100GSの分解整備を徹底解説した「BMW R100GS OHV ボクサーツイン リペアマニュアル」です。
BMW R100GS OHV ボクサーツイン リペアマニュアル

いわゆるエアヘッドと呼ばれる空冷OHVエンジンを搭載したR100GSは、独特な乗り味で今でも人気なわけですが、なかでも希少なR100GSパリダカを題材に、徹底分解&徹底整備を施し、その手順を解説しています。いわゆる工程解説だけでなく、各部構造に対する考察も数多く有り、手前味噌ですが非常に勉強になる内容です。
マニアック&お高めな本なので、店頭ではまず見かけないと思いますが、どちらの書店でもご注文いただけますし、各種ネット書店や弊社からの通信販売も可能ですので、オーナーの皆様、よろしくお願いいたします!

詳しくはこちら
BMW R100GS OHV ボクサーツイン リペアマニュアル

ヘル・オン・ホイールズ、まもなく発売!

皆様、暑い中お元気でしょうか。
編集・さくまです。

編集部のある関東地方は、お盆休み期間は比較的過ごしやすい気温で、私はバイクいじりに精を出していました。
オイルにまみれたエンジンの分解だったので、まぁ色々大変でしたが…。

さてそんな8月の新刊をご紹介。
ヘル・オン・ホイールズ

その名もヘル・オン・ホイールズ。直訳すると車輪の上の地獄となり、なんだそりゃ?です。
どんな本かと言いますと、アウトローモーターサイクルクラブの歴史と実態が知れる本です。でもアウトローモーターサイクルクラブって何?というのが正直な感想でしょう。直訳すると暴走族なのですが、しかしその実態は暴走族とはかなり違います。

いわゆる日本の暴走族は、若気の至りといった感じで、社会人となる前の若者が主体です。しかしアウトローモーターサイクルクラブのメンバーは若者に限りません。バイクという共通点を持ちつつお互いを助けあうブラザーフッド=兄弟愛の集団であるだけに、少年期の一時期に留まるものではなく、また「入りたい」と意思表明すればすぐ入れるものでもないのです。

ハング・アラウンドと呼ばれる、クラブの取り巻きとして認知されることから始まり、準会員であるプロスペクトに昇格後、幾多の困難を経てやっと正会員、メンバーになることができます。それだけに生涯を通じて所属することも珍しくありません。

本来この説明はモーターサイクルクラブ=MCに当てはまるものです。なぜその名の前にアウトローが付けられるかといえば、暴走行為とも呼ばれる大騒ぎや、いわゆる犯罪行為に手を染めるMCがあるため。かなり古くからアメリカのバイク文化に触れ、世界一有名と言えるアウトローMC、ヘルズ・エンジェルズのサニー・バージャーにも会ったことがある弊社の社長いわくアウトローモーターサイクルとは「バイクヤクザ」と呼べる存在なのです。

と、実態を説明しようとするとマイナスなイメージばかりになりがちなアウトローモーターサイクルクラブですが、クラブ員が全員犯罪者なわけではなく、プラスの側面も持っています。その理解を助けてくれるのが、本書ヘル・オン・ホイールズです。

どのようにしてモーターサイクルクラブが誕生し、発展していったのか。そこから現代に至るまでどのような紆余曲折があったのか。これまで部外者による多分な憶測が含まれた上で語られてきたものを、自身もMCのメンバーである著者が、MCメンバーのプライベート写真などを交えて綴っています。

編集作業において、当然その内容を何回も読んだわけでして、その感想を言えば、アメリカを始めとした西洋のモーターサイクルクラブとは、クラブという軽い印象を与える表記では全く吊り合わないと思える重い存在で、日本とは全く違うということ。その真実の姿を知りたいなら、ぜひとも読んでいただきたい本です。

そして最後に1つだけ。日本では看板とも呼ばれる、パッチ付きのベスト。日本ではファッションの1つという認識ですが、アメリカでは全く位置づけが異なるので、それを身に付けて外出してはいけません。パッチは“普通のライダー”が身に付けるものではないため、地元MCに「シマを荒らしに来た」と見なされ、とてつもなくまずい事態に陥る可能性が高いので。

書籍の詳細はこちら
ヘル・オン・ホイールズ

Zカスタムブック2 まもなく発売です!

スタジオタッククリエイティブとしては約3年半ぶりのカワサキZの専門誌、「Zカスタムクック2」が今月末発売となります!

Zカスタムブック2

前号から変わらぬ人気のZ。今回もあちこちを周り最新カスタム車両をバッチリ撮影しつつ、テイスト・オブ・ツクバで走り回る大量のZをキャッチ。はたまた、新登場した注目のパーツも取材しました。

Zカスタムブック2 T.O.T

人気は不変のZですが、車両はますます古くなり、その弊害があちこちで聞かれます。それは車両を購入する場合だけでなく、維持管理においても頭が痛い部分です。
しかしこれまでは諦めていた部分であっても、人気に支えられた旺盛な需要が後押しとなって、対策部品が続々と登場しています。
もちろんそれには費用がかかりますが、お金があっても乗れない、直せないに比べれは遥かにありがたいことです。

ともかく!様々な情報満載ですので、Zオーナーの皆様、ぜひお手元に!

詳しくはこちら
Zカスタムブック2紹介ページ

熊本震災

犠牲になられた皆様にお悔やみ申し上げると共に、被害に遭われた方々にお見舞い申し上げます。
熊本を始めとした九州には私自身取材で何度もお邪魔しており、皆様のご無事を祈るばかりです。

1人の人間として、微力ながら助力になることができればと考えております。

編集部 佐久間

 | HOME |  »

Calendar

« | 2016-12 | »
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

Categories

Monthly

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

スタジオタッククリエイティブ バイク・クルマ編集局

スタジオタッククリエイティブ バイク・クルマ編集局

FILE.シリーズでお馴染み?スタジオタッククリエイティブのバイク・クルマ編集部員。お仕事と称して、バイク・クルマに好き勝手!?突進しています!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。