FC2ブログ

スタジオタッククリエイティブ バイク・クルマ編集局

スタジオタッククリエイティブ バイク・クルマ編集局

バイクでセッティングといわれ、あなたは何を思い浮かべますか。
キャブセッティング!というのが王道な答えでしょう。

しかし、誤解を恐れずにいえばキャブセッティングは多少経験を積めば、
何となくわかってくるもので、何とかなる感があります。
キャブ以上にくせ者といえば、足回りのセッティングで特に私のような
改造野郎ともなればなおさら。

まっすぐ走らない、曲がらない、寝ない、固い、柔らかいといった症状
があるだけでなく、それが、とばした時、ゆっくりの時でもまた、出る
症状が違う。さらに、ブレーキのかけ具合なんかでもこれまた違ってくる。

原因は様々で、タイヤが減っていた、空気圧が足りなかった、なんてい
うのはカワイイもので、プリロードや減衰力セッティングがあっていな
い、スプリングが固い・柔らかい、フォークの突き出しが多すぎる、タ
イヤがグリップしすぎてフレームが負ける、前後タイヤのグリップが違
って曲がらないetc、実際経験しただけでもこれだけあります。

しかも対処しようと思えば、キャブと同じで各要素が関連し合うので
例えば、プリロードを掛ければそれに適した減衰力にする必要がある
んですが、一度に何カ所も変えると訳が分からなくなるのも同じ。
でも変えるべきパーツはどれもキャブより遥かに大きいのでたちが悪い。
さらにいえば、ハンドルの高さを変えても最適なセッティングは変わっ
てきてしまいます。

当然、ちゃんとセッティングが出ると気持ちいいんですが、途轍もなく
面倒というか大変なんです。だから、その辺りの知識というかガッツの
無い人には、足回り、特にフロントをゴッソリ変えるようなカスタムは
お薦めしかねるのが本音です。もちろん、信頼できるプロがセッティン
グ込みでやる場合は除きますが。

セッティング上手な方は、バイクに起こっている現象を感じ取る能力と
その原因が何であるかを判断するための知識と推理力を併せ持っている
のだと思います。いきなり全部を兼ね備えることはできませんから、ま
ずは感じ取るセンサーの感度を上げようと努力しています。それは何か
トラブルがあった時にも役立ちますしね。

こういった苦労?を重ねると、「ノーマルって偉大だなぁ」とつくづく
思い知らされます。でも、改造ってやめられないんですよねぇ。
スポンサーサイト



Posted by

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply