FC2ブログ

スタジオタッククリエイティブ バイク・クルマ編集局

スタジオタッククリエイティブ バイク・クルマ編集局

つい先だって、RZVのタイヤを交換しました。
なんだかリアタイヤの空気が減るなぁとチェックし見ると、案の定釘が刺さってました。
前回交換してから2年は経っていたので、これを期に交換することにしたのです。

しかし、私のRZVホイール交換をしていて、サイズ自体は最新スーパースポーツとほぼ同じ物なんです。
何が言いたいかと言えば、そんなスーパースポーツに比べても車重が軽いので、タイヤ剛性に対して不足
しているということなんです。
もうちょっと分かりやすく言えば、もっと車重があればタイヤが潰れてそこでショックが吸収できるんで
すが、車重か軽いためにタイヤが潰れず、跳ね返ってきてしまうんですね。

これを意識したのは前回のタイヤ交換時、つまりそれまで付けていたタイヤの時で、交換した瞬間に突き
上げを強く感じたんです。そこで前後ショックの減衰力を1段柔らかくしつつ、空気圧も0.2kg程度落とす
セッティングが必要でした。
要するに、同じサイズ、同じ荷重指定であってもメーカーや銘柄によってタイヤの固さは結構違ってくるんですね。

あれこれ悩んで、今回はダンロップのクオリファイヤーにしてみました。まだインプレッションできるほど
走ってはいませんが、転がり抵抗が低いのか、加速がスムーズに感じます。これから空気圧、足周りとも
微調整して行く予定です。
スポンサーサイト



Posted by

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply