FC2ブログ

スタジオタッククリエイティブ バイク・クルマ編集局

スタジオタッククリエイティブ バイク・クルマ編集局

-
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by

スタジオタッククリエイティブ バイク・クルマ編集局

スタジオタッククリエイティブ バイク・クルマ編集局

消費電力削減を狙い、フィアット500のブレーキランプをLEDバルブに交換しました。
取り付けたのは、いわゆるダブル球で側面発光+プロジェクター構造のもの。
LEDバルブ

LEDバルブは初めてだったので、商品選びは驚きの連続でした。LEDバルブがあるのは知っていましたが、認識としてあったのは昔ながらの筒状のLEDがいくつも刺さった物でしたが、今の主流は平面発光のもので発光部も数はかなり減っています。最初は大手自動車用品店を見たのですが、2個で1万円ほどと事前の想像を遥か上行く値段。「これだけの値段するのに、ネット上では装着例が多いなぁ」と更に情報収集すると、アマゾンを始めとしたネット通販ではかなり安価に手に入ることがわかりました。

ただあまりに安いものは信頼性に欠けたり、ポジションとストップの点灯具合に違いが少ないとか、配光が悪い等々、マイナス面も散見されます。ココらへんは、何も考えずに装着できる白熱球とは違いますね。

今回は間を取って、というか2個セットで4,000円ほどの物を買ってみました。いざ装着してみると、左のポジションのみ点きません!フィアット500のテールランプユニットは、プラスチックのベースに金属製のソケットという、現代のクルマやバイクに見られる構造ではなく、ほぼプラで電気導通が必要なごく一部だけ金属を使う何とも頼りない構造です。
フィアット500テールランプユニット

接触不良を疑ってチェックするとあからさまに端子が球から浮いているのを発見。が。それを直してみても点きません…。そこからヒューズや配線そのものの導通をチェックしても問題なし。配線引き直し、というとんでもなく面倒な修理が頭をよぎりつつ、バルブを付けたり外したりすると、何かの拍子に点灯!どうやらアース不良が原因で、バルブが特定の位置で刺さっていないとアースが取れない模様。取り付けソケットが金属製なら考えられない原因です。

今回のトラブルシュートでは、配線図と毎度おなじみテスターが大活躍しました。この2つがあれば、ある操作をしたときにどう電気が流れるのか、そして現在どこまで電気が流れているのかがわかります。テスターは検電テスターという電気が着ていれば音や光で知らせてくれる簡易的なものでもかなり役に立つはずです。

こんなかんじで大分振り回されぱなしなクルマライフですが、これも楽しく思える自分はいわゆるMなのでしょうか…。

編集部 さくま
スポンサーサイト
Posted by

Comments - 0

There are no comments yet.

Leave a reply

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。