FC2ブログ

スタジオタッククリエイティブ バイク・クルマ編集局

スタジオタッククリエイティブ バイク・クルマ編集局

-
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by

スタジオタッククリエイティブ バイク・クルマ編集局

スタジオタッククリエイティブ バイク・クルマ編集局

本日10月13日、千葉県は舞浜、東京ディズニーリゾートの公式ホテルとしても有名な、シェラトン・グランデ・トーキョーベイ・ホテルにて開催された、トライアンフのニューモデル国内発表会に参加してきました!
道すがらすっかりハロウィン仕様の家族連れを見ながらの、いつもとはだいぶ違う発表会でした。

今回発表されたのは2台で、まずはT100ボンネビルの新型モデル
ボンネビルT100

そしてストリートカップです。
STREET CUP

いずれもエンジンはストリートツインで新採用された899cc水冷SOHC8バルブ、並列2気筒エンジンを搭載。
以前の空冷モデルに比べ、低中速のトルクが大幅にアップしています。

さらに電子制御スロットル、トラクションコントロール、ABS等の最新装備が標準で搭載されてるなど、見た目のクラシックさに反して中身は2016年モデルに相応しいものになっています。

T100ボンネビルは、その伝統の名の通り、クラシカルで上品なスタイルが特徴で、フュージョンホワイト&えーじゃんブルー(白&青)、ニューイングランドホワイト&インデンスオレンジ(白&赤)の2トーンカラーの他、ジェットブラックの3カラーを設定。さらにリムやマフラー、エンジンカバーもブラックとしたT100ブラックも設定(マットブラック仕様もあり)されています。

ストリートカップはストリートレーサーを意識したモデルで、キャストホイール、専用マフラー、取り外し可能なシングルシートカバー、ビキニカウルを搭載。カラーはレーシングイエロー&シルバー、ジェットブラック&シルバーアイスが設定されています。

これで価格は、ボンネビルで税込み1,150,00円から、ストリートカップで同じく税込み1,189,380円。ボンネビルは全モデルから10%以上プライスダウンされるなど、両車とも戦略的な価格設定となっています。

先行しているストリートツインも人気で納車待ちになったそうで、この2台も人気が出そう。ボンネビルT100は今月末、ストリートカップは11月末から店頭に並ぶとのことなので、気になったら急いだほうがいいかも?
スポンサーサイト
Posted by

Comments - 0

There are no comments yet.

Leave a reply

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。