FC2ブログ

スタジオタッククリエイティブ バイク・クルマ編集局

スタジオタッククリエイティブ バイク・クルマ編集局

9月上旬発売予定の、キャブレター第三号の取材で、メーターの修理・カスタムを手がけているモビーディックさんに行ってきました。

お手盛り企画というか、自分のバイクのメーターの動きが悪いのを良いことに、見てもらいましたが、「何ともありません」との診断結果。

モビーディック代表の伊藤さんからは「こういう時、頼まれた方は、大体困った顔をするんだよね」と慰められませいたが「どこが悪いんだろう?」と困惑しきり。

伊藤さんからは「接続するカプラーに、接点復活剤を吹いてみるのも手ですよ」とアドバイスを受けたので試してみつつ、カプラーそのものを改めてチェックすると…、何と!配線の色が違います。

物としてはVF1000Rなのですが、初期型と後期型ではメーターのデザインは全く同じながら、カプラーに配線が収まる位置が違うんです!やり直してみたら、それまで動きが変だったタコメーター、水温計ともにバッチリ正常に動きます。

思い込みはいけないな、と思うとともに、「そんな所まで変えないでよホンダさん」と泣きつきたくなりました。

と、そんなメーター修理手順を初め、バイク誌初?の板金塗装特集、C100系カブ特集など情報満載のレストア・メンテナンス誌、キャブレターのNo3は9月発売ですので、おたのしみに。
スポンサーサイト



Posted by

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply