FC2ブログ

スタジオタッククリエイティブ バイク・クルマ編集局

スタジオタッククリエイティブ バイク・クルマ編集局

前のエントリーで紹介したVF1000Rの電気トラブル。

まずはメインスイッチのトラブルを疑い、テスターで調べることにしました。
当然、断線を疑い導通(抵抗)を調べてみると、問題なし。

うーん、と頭を抱えながら、バッテリーからメインスイッチ直前のカプラー
までの電圧を計ってみると、12V以上あるので、ここまでの断線も無い模様。

しかーし、イグニッションON時の電圧を計ると、なぜか0V。どこも断線して
いないのに、スイッチONで何故か電気がサヨウナラしてしまう???


何回かスイッチをONOFFしていると、不意に電源が回復し、エンジンも掛け
られたのですが、タコメーターの指針は脈動し回転もしゃっくりを繰り返す。
あげくに何かの拍子にまた電源が切れストップする有様。


これでは、何かしら具体的な対処をしなければ、仮に復活してもまた止まる
のは確実です。


そんな時、弊社の書籍でもお世話になっている、エクステンションさんに別
件でおじゃますることに。


実は、ここでお世話になっている友人が、同じような症状に陥った際に、
イグナイターパンクを探り当ててもらったことがあったので、用を済ませつ
つ気になっていたことを相談してみました。


「これこれこういう訳で困ってます。それで点火系のカスタムパーツが取り
付けてあるのですが、悪さしている可能性はあるのでしょうか」。
「元々は付いていない部品だし、可能性としてはあるから、一度外してみては」。

ということで、それを外してみると……見事復活!


なぜ電源が入らなくなったか、技術的には分かりませんが、
・電源が入らない
・断線はない
・バッテリーは生きている
・エンジンがかかる時、点火の様子がおかしい
・点火系で純正以外のパーツが付いている
という要素から原因を判断したのが奏功したようです。



我々もお世話になるインターネットを観ても、全く同様のトラブルが見られなかったので
何かの参考になれば幸いです。
スポンサーサイト



Posted by

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply